ベリーズには珍しい生物が生息している自然保護区が存在

ベリーズには珍しい生物が生息している自然保護区が存在

ベリーズという国が、最近観光先の候補として人気を集めています。名前を聞いたことのあるという人も多いのではないでしょうか。ベリーズとは、中央アメリカの北東部にある、ユカタン半島にある国です。

首都はベルモパンで、治安が良くおおらかで牧歌的な都市として有名です。1981年に英国から独立し、アメリカ大陸で一番新しい国とされています。

さまざまな文化を持った人と宗教が混在していて、多様な文化に触れることが出来ます。

公用語は英語なので、英語を使うことができれば現地の人ともコミュニケーションをとりやすいので、観光客にも人気の国です。

この国は5つの州に分かれていて、その中でも特に栄えているベリーズ州には、国際空港があり、動物園や珍しい生物がたくさん生息している自然保護区や遺跡など、観光客が毎年多く訪れています。

また、美しい青い海と珊瑚礁があり、「カリブ海の宝石」とも呼ばれています。海だけではなく、マヤ遺跡が点在している熱帯雨林もあり、古代の雰囲気に触れることもできます。まるで映画の中に入り込んだような世界は、観光客にも人気です。

この国では、農林水産業を主要な産業としていて、オレンジやグレープフルーツなどの果実や、砂糖、ロブスターなどの製品を輸出することによって経済をまかなっています。

経済規模はあまり大きいとは言えませんが、多様な天然の資源に恵まれていて、経済状況は日々向上しています。観光客も増えていることから、観光国としても人気が出てきています。

そもそもベリーズとは、マヤ語で「ぬかるみ」という意味です。その名の通り水で囲まれていて、河川などが発達していて、海岸部のマングローブなどの亜熱帯植物が生えています。

また、海には広大な珊瑚礁があり、約200個ものキーと呼ばれる小島が点在しています。

そのため、さまざまな種類の生物が存在していて、他の国には滅多に存在していないような動物が住んでいます。亜熱帯特有の気温と湿度は、特殊な生態系を作り出しているので、珍しい生物や植物が存在しているのです。

ベリーズは、美しい海や熱帯雨林、古代文明などを多く見ることが出来るので、普段とは違った雰囲気を楽しみたい、というような時に観光先としてうってつけの国です。

最近、知名度が上昇していて、旅行に行く際の候補に挙げられることが多くなっています。

気になった時は、観光サイトや本などで、この国の情報を調べてみると良いでしょう。